投稿

𐰓𐰀𐰾𐱃𐰀𐰣 デスターン 伝説 17話 8世紀のトルコ物語  真実を知るアルパグ 山族とトゥルスン(バトゥガの母)は冤罪

天然痘の予防策をみんなに伝えたバトゥガ。彼は真実を伝えるために天族の宮殿へ向かった。そして今まで調べたことをアルパグに伝えたのだった。 伝書バトとしてハトを山族は使わないことから、偽の手紙が届いたこと、そしてアルパグがバラミルから見せられた手紙を偽の手紙だったことを証明した。 アルパグは妻のトゥルスント山族のハンが無実だったことを知って愕然とした。 彼はトゥルスンの命を奪ってしまったことを後悔してもしきれなかった。 ともかく犯人を捕まえることに集中した。犯人はヴァルグと中国の大使タイズだった。 二人は逃げ出したが、捕まえられ、一人は首釣り、もう一人は目を焼かれた。 首を吊ったのはヴァルグだったがそれは本当ではない。彼はカヤによって殺されたのだ。 ウルエジェの忠実なしもべだったヴァルグをなぜ?カヤはヴァルグが真実を話してしまうのではないかと恐れたのだった。ウルエジェは悲しんだ。 母お探しにサバルの長マンチョと共に母のいるテントへ向かった。 途中テムルとヤマンも同行することになった。 しかしついてみると人影が見当たらず、何者かに襲われた感があった。 そうなのだ。あとをつけたアルパグの手の者が母親といわれる人物をさらっていった。 アックズが後をおったが捕まえることはできなかった。 その後カヤはアックズとその仲間たちを亡き者にしようと罠を仕掛けた。テムルもいたがカヤは弟のテムルまで手にかけようとした。 仕掛けられた罠に突入していくアックズたち。その危機を救ったのはギュルセリだった。 彼女は宮殿でこの悪だくみを耳にし、急いで知らせに行ったのだった。 間に合ってよかった! バトゥガは無事山族の砦へ戻ってきた。サライではアルパグにハンを退くように促す。トゥルスンを冤罪で殺めたことを悔いるが、ハンを退くことには応じなかった。 トルコ統一のために和平をという案は受け入れたかのように見えたが、バラミルとチョルパンは断固許さないという態度をとった。 タイズが目をつぶされ中国へ戻った後、メイジンは一人になってしまった。 バトゥガは今まで助けてくれたギュルセリにお礼を言う一方、メイジンには自分の味方になるように脅した。 いろんな理由があると思うが、一番ひどいことは天然痘の菌をばらまいたことだった。それをアルパグに話すというのだ。 こうしてバトゥガの勢力は少しずつ多くくなっていった。 バトゥガ

𐰓𐰀𐰾𐱃𐰀𐰣 デスターン 伝説 16話 8世紀のトルコ物語  バトゥガは天然痘の予防法を見つけ トルコの諸部族を助ける

サバルの長はアックズの母親に合わせる代わりにアックズと結婚したいと取引を持ち掛けた。ちょうどそこへアルパグハンもやってきた。 アックズは母に会いたい一心でサバルと一緒に行こうと考えていたが、もちろんバトゥガは止めた。それでも彼女は母に会いたかったので悩んだ。 アルパグはなぜかアックズの母親を探すのを手伝った。どうやらアックズの来ていた服が亡き妻トゥルスンの者だったから、彼女に親近感を持ってしまったに違いない。 サバルの長を問い詰めたが彼は母親の居所を教えなかった。それだけでなくその母親は本物かどうかも確かめるすべのないアックズは結婚の申し入れに悩んでいた。バトゥガも母のことで弱っているアックズをやさしく支えた。 そうこうしているうちにカヤが軍を率いてアルパグを訪れた。西空族の砦が占拠されたことを伝えに来たのだ。 選挙を指揮したチョルパンハントバラミルに怒り、アルパグはすぐさま西空族の砦へ向かった。 だがその途中中国の手下に襲われ、最後を覚悟した。 アックズたちが間にあい、アルパグは危機一髪で助かった。 アルパグはなぜ彼らが助けたか疑問に思った。確かにさっきまでは必ずハンの地位から降ろすといっていたのに、まったく反対の行動をとるアックズたち。そういえばアルパグもアックズの母のことではアックズを助けようとしたし、何が何だか分からなくなる。 西の砦ではチョルパンハンたちがカヤたちを迎え撃つ準備を行っていた。 ところでウルエジェの召使イイベキの娘のイルベが天然痘にかかって亡くなった。ウルエジェの指図で天然痘を山族に広めるために娘を利用した。その娘が犠牲になってイベキは立っていられなくなった。優しく支えるウルエジェだったが、二人の話を聞いているものがいた。 テムルだった。彼は到底信じることはできなかったが、直に自分の耳で二人の話を聞いてしまった。 テムルは母親の残虐さに絶望し、母と決別した。 その足でバトゥガのいる山族の村へ向かった。 山族に天然痘を故意に広めたことを知ったテムルはそこで元恋人に出会った。思いはたくさんあったのだが、どうしても素直になれないテムル。(そこがまたいいねえ) 塩争奪戦 塩は当時大変貴重な品だった。空族はその塩を管理していた。アルパグは塩とひきかえに中国の援軍を得ようとした。カヤが塩を取りに来た。 アックズたちも塩を狙っていた。塩は病気の治療に役立つ

𐰓𐰀𐰾𐱃𐰀𐰣 デスターン 伝説 15話 8世紀のトルコ物語  山族の危機 天然痘が山族を襲う

バトゥガの叔父、アルパグの弟は今山族に捕らわれの身となっていたがそこから出ていきたいと考え、自分の手下に山族の村落を襲わせた。 今山族は天然痘が流行しており、大変な時だったのにもかかわらず、バラミルはそんなことは気にもかけなかった。 襲撃をやめさせようとしたがバラミルはユことを聞かない、そこでアックズは天然痘にかかった少女を目の前に連れてきて、彼女を刺した血の付いたナイフでバラミルに傷をつけた。 バラミルは自分も天然ちうにかかるのではおびえた。 アックズはも襲撃をやめさせれば、助かる方法を教えるといった。 信じたバラミルは襲撃をやめさせた。 空族のサライに戻ったテムルは反逆者として非難された。 が彼は弟を救うことが反逆になるとは思わないと自分のしたことに恥じていない様子だった。 だがアルパグは空族のサライでテムルが諜報活動をしていると疑って、彼を閉じ込めた。 母は弟をかばわなかったカヤを責めるが、カヤは「母から学んだのだ」と言い返した。 アックズとバトゥガは天然痘のことやテムルのことについて解決策を話し合った。 ところがまたまた玉座には矢が刺さっていた。驚くアルパグ! 裏切者はテムルではなかった。では誰なのか? 再度バトゥガからサライにはあなたに忠実でないものがたくさんいるといわれていたのだ。 アルパグはみんなを集め問い詰めた。誰もが怪しそうで誰もが怪しそうでない。 スパイが誰だかわからないアルパグの疑心暗鬼は深まるばかりだった。 ついにアルパグはみんなからそれぞれの特権を取り上げすべて自分が管理することにしたのだった。 バトゥガはテムルを救うためにいろんな手紙をばらまいた。 アルパグには裏切者を教えるといい、テムルの母には今までのことをばらされないためにもテムルをサライから逃がすように書いた。 さらに中国の僧にもテムルを助けないと悪事をアルパグに伝えると脅かした。 ハンはテムルの元を訪れ、説得しようとしたが、「あなたはバトゥガから父も母も奪った。 今度は私の父を奪うだろう」 と言い返した。 ここでいう父とはアルパグのことだが、アルパグにはハンとしての側面と父としての側面があり、テムルは父として子供を守れとアルパグに言いたかったに違いない。 部族会議でメンバーたちはtirnek(テイルネク)を望んだ。これはハンが任務をちゃんと果たせないときに議会のメンバーたちがハン

最新記事

もっと見る

プロフィール

それはオスマン帝国外伝から始まった
Twitter
YouTube
当ブログにお越し下さりありがとうございます。ドラマのあらすじや登場人物のお話のブログです。どうぞお楽しみくださいませ。 ご連絡はEmailでお願いいたします。 Email